【タオルを使った広背筋の自重トレーニング、タオルスタンディングロウ!姿勢改善にも繋がる効果的な筋トレ】

Pocket
LINEで送る

今回は広背筋を自宅で鍛えれるメニューを紹介したいと思います!

自重トレーニングで広背筋と聞けば、やはり「懸垂」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

ですが、自宅で懸垂をする場所って中々ないものです。

仮に無理矢理やったとしても、自宅の至る所を破壊しそう(笑)

でも今回は紹介する「タオルスタンディングロウ」は、自宅にあるタオルを使って簡単に広背筋を鍛える事が出来ます!

 

鍛えられる部位

・広背筋(背中)

・僧帽筋(背中)

・三角筋後部(肩)

 

背筋群を鍛えれるタオルスタンディングロウは、逆三角形を目指す人にはもってこいのメニューです!

女性は引き締まった背中になり、ボディラインが綺麗になります。

背筋を鍛えるメリットは他にもあり、「姿勢改善」「腰痛改善」「猫背予防」「ウエストの引き締め」様々な効果を得る事が出来るので、是非取り組んでみましょう!

姿勢の改善+トレーニング効果向上+脂肪燃焼効果を得られる「VIDAN THE BEAST」を着用すれば、更に効果を得る事が出来ます!

まだまだ知りたいって方はこちら➔【加圧Tシャツのビダンザビーストは本当に楽して腹筋が割れるのか?】

タオルスタンディングロウは、特別な機材も道具も必要ないので、誰でも簡単に始める事が出来ますよ!

他にも自宅で簡単に出来る自重トレーニングメニューは多くあります。

【自重トレーニングメニュー一覧】

 

では早速やり方を見ていきましょう!

 

やり方

 

 

自宅に柱や何か引っ掛けれる所を探しましょう!

そこにタオルを掛けて自分の体重を支える事が出来れば、準備は完了です!

タオルの両端を握り、自分の体を引き上げるようにする動作を繰り返します。

肩甲骨をしっかり寄せる事で、広背筋を刺激する事が出来ます!

 

タオルスタンディングロウ

1.タオルを巻き付け、両端を握って立つ

2.足を前に出し、後ろに体重を掛ける

(膝を曲げ腰を落とす)

3.肩甲骨を寄せるように上体を引き上げる

4.元の位置まで戻す

(2に戻り、繰り返し)

 

動画でもしっかりと動作確認を行いましょう!

早く行うのではなく、ゆっくりと鍛えたい所を意識するだけでも効果は全然違います!

 

【タオルスタンディングロウ】

 

 

スポンサーリンク

 

ポイント

 

 

筋トレメニューにはそれぞれポイントが存在します。

タオルスタンディングロウでは、しっかりと肩甲骨を寄せるイメージで行いましょう!

負荷を強めたいのなら、上体の角度を倒すと負荷が上がりますよ!

トレーニングを行う際は、準備体操をしてからにしましょう。

 

POINT

・肩甲骨をしっかりと寄せる

・腕の力ではなく、背筋を意識して行う

・腰を落とし、重心をしっかり後ろへ掛ける

・つま先と膝の向きを同じする

・上体はブラさず体幹を使いキープする

 

上記のポイントを押さえながら、8~12回×3セットを目安に行いましょう!

8~12回の筋トレが一番筋肉が付きやすいと言われています。

タオルスタンディングロウでは、自分の能力に合った負荷を調整しやすいので、非常に便利です。

ですが、やはり自重トレーニングなので体重の軽い方はどうしても負荷が少ないですね…。

自宅でのトレーニングもダンベルがあれば効率がグンと変わるので、筋肥大を目指している方はダンベルトレーニングも視野に入れておくといいでしょう!

【自宅でトレーニングする人はMotionsダンベルが安全でおすすめな理由!】

 

ゴムチューブでも代用!

 

 

タオルスタンディングロウはゴムチューブを使って行う事も出来ます!

タオルと違って全体重を掛けると、ゴムチューブが切れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

ですが、ゴム自体が収縮しようとするので全体重を掛けなくても、自重トレーニングより負荷が強いです!

(ゴムチューブの強度による)

それにゴムチューブがあれば、様々なインナーマッスルを鍛える事も出来ますし、ちょっとしたストレッチにも使用できます!

 

ゴムチューブ自体、そんなに邪魔になるものでもないし、価格も非常に安いのでお財布にも優しいですし、持ち運びも簡単!

外出先にも手軽るに持ち運べ、いつでもトレーニングする事が可能ですよ!

 

スポンサーリンク

 

背筋群を鍛えるメリット

 

 

男性であれば綺麗な逆三角形と、凹凸のメリハリが付きます!

くっきりと筋肉が浮かび上がり、背中の大きな男性は本当にカッコいいですからね!

女性の場合は、引き締まった美しい背中になり、ボディラインが綺麗に見えます。

背中は自分では見えないのでトレーニングも怠りがちですが、鍛えていないと貧相に見えます…。

 

筋肉を肥大させたくない女性でも負荷を調節すれば、ダイエット効果も十分に得られます。

日常生活でも体の背面を使う事が非常に多いですので、筋肉が足りていないと怪我や故障の原因になります。

また、姿勢の改善にも繋がるので健康に良い筋トレですね。

最近、運動不足の方はちょっとした運動に良いと思いますよ!

 

最後に

 

今日からでも始める事が出来るので、是非とも取り組んでみて下さい!

タオルやゴムチューブは簡単に手に入るし、長く使えるのであって損はないです。

背筋を鍛えて、男らしい背中を手に入れてみませんか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す