【手首を鍛える筋トレダンベルリバースリストカール!リスト強化には必須トレーニング】

Pocket
LINEで送る

スポーツなどでよく使う「手首」

その手首を鍛える代表的な筋トレであるダンベルリストカールという種目があります。

手首を鍛える事で、リストを使う競技には大きく影響してきます!

ですが、今回紹介するのはダンベルリストカールではありません(笑)

そちらが別記事で紹介していますので、参考にして下さいね!

 

手首を鍛える際に、一緒に行うと更に効果的なのが「ダンベルリバースリストカール」です。

通常のリストカールは、手の平が上に向いているのですが、リバースという事で手の平が下に向きます。

前腕屈筋群は色んな筋肉の集合体です。

同じ方面の刺激ばかりではなく、角度を変えて刺激を与える事で、より筋肉を成長させる事が出来ます!

他にもダンベルを使って腕を鍛えるメニューはこちら

【腕の筋肉を鍛えるダンベルメニュー10選】

 

鍛えられる部位

・前腕屈筋群(腕)

・リスト強化

 

ダンベルリストカール同様に前腕屈筋群をピンポイントで刺激します!

ダンベルリストカールと併用して行う事で、更に効果が高まります。

更にダンベルを使ったメニューは他にも多くあります。

【ダンベルメニュー一覧】

 

では早速、やり方を見ていきましょう!

 

やり方

 

 

基本動作もリストカールと変わらず、手首だけを稼働させダンベルを上げ下げします。

私は片手で行うのですが、中には両手で行う方もいます。

個人的には片手の方が意識を集中させやすにので、ここでは片手をおすすめしてます。

自信のある方は両手で行っても構いませんよ!

 

リバースリストカール

1.ベンチに片膝乗せ、ダンベルを持つ

(手の平を下に向ける)

2.反対の手で前腕が動かないように固定する

3.手首の力を抜き、手の平側へ垂らす

4.手首だけを動かし、ダンベルを持ち上げる

(持ち上げたと所で1~2秒間キープ)

5.力を抜かず、ゆっくりとスタートポジションへ

(3に戻り、繰り返し)

 

動画でもしっかりと動作確認を行いましょう!

早く行うのではなく、ゆっくりと鍛えたい所を意識するだけでも効果は全然違います!

 

【ダンベルリバースリストカール】

 

 

スポンサーリンク

 

ポイント

 

 

筋トレメニューにはそれぞれポイントが存在します。

ダンベルリバースリストカールでは、手首の可動域を最大限に使いましょう!

常に負荷を与える事に意識して、手首を動かす事が大切です。

トレーニングを行う際は、準備体操をしてからにしましょう。

 

ポイント

・前腕は固定し、手首のみ稼働させる

・高重量は扱わない

・手首の可動域全部を使って行う

・下ろす時も力を抜かない

 

上記のポイントを押さえながら、15~20回×3セット出来る重量を選択しましょう。

高重量でのトレーニングは怪我の恐れがあります。

自分が思っている重さより少しだけ軽いモノにしましょう。

ゆっくり行う事で負荷を上げれるので、無理はしなくて大丈夫です!

 

バランスが大切!

 

 

ここをよく使うから鍛えよう。

そう思い偏った筋トレは、体のバランスがおかしくなりますし、トレーニングの効率も悪くなります。

何事もバランスが大事なのですが、「体」はそれが正直に現れます。

極端な例えで言うなら、上半身はアスリートのような逆三角形をした体だけど、下半身はもやし同然。

見た目最悪ですよね(笑)

 

逆に足だけめっちゃ太いけど、上半身はヒョロヒョロなんてのも変!!

腕単体でもそうですが、表の筋肉があれば裏の筋肉が存在します。

双方の筋肉をバランスよく鍛えていかないと、体に悪影響を与えてしまう訳です。

 

ですが、スポーツによっては片方の筋肉が大きく発達してしまう事はよくあります。

あなたもそうですが、利き腕利き足があるように、自分のコントロールしやすい方の腕や足などを使ってしまうんですよね。

そうなると左右の筋バランスはやはり崩れてきます。

体は本来左右対称でなければいけません。

 

現に左右対称の人は少ないかもしれませんが、左右差が少ない人はいます。

無闇に筋トレするのではなく、体のバランス、筋肉のバランスを考えたメニューでトレーニングするのが1番ですね!

 

スポンサーリンク

 

今よりワンランク上に!

 

 

前腕を鍛えようと思ったあなた。

何かに行き詰ったり、今の自分に満足していない。

だからこそ鍛えようと思ったのではないでしょうか?

 

スポーツで思うように結果が出ない。

か細い腕がコンプレックスで嫌だ。

自分に足りてない所が明確化出来たからこそ、前腕を鍛えようと思ったのでは?

人は皆、問題があって初めて改善や解決策を見つけ行動します。

あなたも現にその1人だと思います。

 

ただ鍛えるだけでも効果はありますが、更に筋肉の成長を手助けしてくれるアイテムがあります。

それが「HMBサプリ」です。

これだけ聞くとかなり怪しいし、信憑性がないですね(笑)

しかも「HMBってなんなの?」ってなりますよね。

 

HMBとは簡単な話「筋肉の成長を助けてくれる」ものです。

筋肉の成長には栄養をだれだけ沢山取ろうが、「HMB」が少なければ筋肉の成長が期待出来ないそうです。

いくらプロテインをバカみたいに飲んでも、「HMB」が少ないと効果に期待が出来ないって事になります。

でも安心して下さい!

プロテインにも「HMB」は配合されています。

 

「なんだー。よかった」

 

そうなんですが…。

でも私たちが1日に必要なHMBをプロテインから摂取しようとした場合、約20杯以上飲まなくてはいけません…。

 

これはあまりにも非現実的な数字(笑)

そんな悩みを解決したのが「HMBサプリ」です。

1日数錠で、1日に必要なHMBを摂取でき、特に筋トレ初心者の方に効果があると立証されています。

 

筋肉の修復をメインとしてくれるプロテイン。

筋肉に更に刺激を与えるのがHMB。

お互い役割が違います。

今回はHMBサプリの中でも効果的な商品を紹介します!

 

【MONOVO】

 

 

こちらは「MONOVO」の「HMBマッスルプレス」です。

1日、わずか6錠で必要なHMBを摂取する事が出来ます!

価格は「¥4,950」と高くもなく、安くもなくといった所でしょうか(笑)

 

【バルクアップ】

 

 

お次は「バルクアップHMBプロ」

1日、5錠摂取すればOKです!

初回は「¥500」とかなり激安ッ!!

三か月プランのみ適用なのですが、次月からも割引があるので、友人などと一緒に購入して試すのもありかなと思います!

他にも色んなHMBサプリがあります。

詳しくはこちら➜【HMBサプリ比較】

 

その効果は調査の段階で明らかで、素人から有名人までもが絶賛するほど。

時代はHMBサプリへと移行し始めているのかもしれません。

決してプロテインが悪い訳ではないのですが、作るのが面倒臭いし、持ち歩くのに不便って思った方結構いるのではないでしょうか?

私もその中の1人です(笑)

 

サプリだと簡単に摂取出来ますし、持ち運びも簡単!

抵抗があるのであれば、友人と割り勘で出し合えば費用も抑えれます!

 

本気で肉体改造を考えている人なら、絶対試す価値はあります!

あなたもこの機会に試してみて下さい!

 

最後に

 

パフォーマンスが上がれば今より結果を残せることは間違いないでしょう。

ですが、昇って行けばまた何かの壁に当たる時がくるでしょう…。

人生はトライ&エラーです。

ダメなら次の手を考えてまた試せばいいです!

最初から上手く行く人などこの世にはいません。

皆、失敗から学び新しい事に挑戦しています。

続ける事、行動を起こす事に価値があると私は思います。

肉体改造を行う上で、挫折もあるかもしれませんが、努力をやめないで頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す