【ダンベルリストカールで手首を強化!前腕を鍛えスポーツに活かす筋トレ】

Pocket
LINEで送る

あなたは腕相撲などで悔しい思いをした事がありますか?

私は腕相撲が苦手で負けっぱなしです(笑)

腕相撲って意外に色んな筋肉を使っているんですが、腕相撲で手首が弱いと一瞬でやられちゃいます…。

手首返されたら、力入らないし、何も出来ません(笑)

今回は前腕屈筋群を鍛えるメニューを紹介します!

 

前腕屈筋群は肘と手の平の間の筋肉たち。

彼らを鍛える事で、握力の向上は勿論、リストの強化、前腕の太さが劇的に変わってきます!

そのメニューとは誰もが知っている「ダンベルリストカール」です。

手首だけでダンベルを「クイックイッ」と上げるあれですね!

他にもダンベルを使って腕を鍛えるメニューはこちら

【腕の筋肉を鍛えるダンベルメニュー10選】

 

鍛えられる部位

・前腕屈筋群(腕)

・リスト強化

 

前腕屈筋群をピンポイントで刺激します!

この部位を単体で鍛える事の出来る、画期的なメニューなので是非覚えておきましょう!

ダンベルを使ったメニューは他にも多くあります。

【ダンベルメニュー一覧】

 

では早速、やり方を見ていきましょう!

 

やり方

 

 

片手にダンベルを持ち、手首だけを稼働させダンベルを上下。

基本的な動作はこれだけです。

ダンベルを両手に持ってやる方もいますが、私は片手づつ行ってます。

両手だと意識しづらかったので…。不器用なモノで…。

片手だとそこだけに集中出来ますからね!

 

リストカール

1.ベンチに片膝乗せ、ダンベルを持つ

(手の平を上に向ける)

2.反対の手で前腕が動かないように固定する

3.手首の力を抜き、手の甲側へ垂らす

4.手首だけを動かし、ダンベルを巻き込む

(持ち上げたと所で1~2秒間キープ)

5.力を抜かず、ゆっくりとスタートポジションへ

(3に戻り、繰り返し)

 

動画でもしっかりと動作確認を行いましょう!

早く行うのではなく、ゆっくりと鍛えたい所を意識するだけでも効果は全然違います!

 

【ダンベルリストカール】

 

 

スポンサーリンク

 

ポイント

 

 

筋トレメニューにはそれぞれポイントが存在します。

ダンベルリストカールでは、手首のみ稼働させるという点に気を付けましょう!

前腕はしっかりと固定し、手首の動きに関与しないようにしておく事が大切!

トレーニングを行う際は、準備体操をしてからにしましょう。

 

ポイント

・前腕は固定し、手首のみ稼働させる

・高重量は扱わない

・手首の可動域全部を使って行う

・下ろす時も力を抜かない

 

上記のポイントを押さえながら、15~20回×3セット出来る重量を選択しましょう。

8~12回の筋トレが一番筋肉が付きやすいと言われていますが、ダンベルリストカールは高重量で行うと、怪我の恐れがあるので少し軽めのダンベルを使い、回数をこなしましょう!

常に前腕を意識して、他の筋肉をなるべく関与させないように行う事で、効果は更に上がります!

しっかりとポイントを抑えておきましょう!

 

手首を鍛えるメリット

 

 

体の筋肉で必要の無い部位などありません。

それは前腕も同じです!

少しお遊びでいけば「腕相撲が強くなる!」といったメリットがありますが、やはり最大のメリットはスポーツにおけるパフォーマンスの向上ですね!

何のスポーツでも大抵リストの強さは必要です!

 

野球はバットを扱う時、投げる時。

テニスに関しては手首の強さは必須ですね。

柔道などでは相手と組む時、握力を必要としますし、色んな場面で手首を使用します。

このように手首の強さは、スポーツにおいてとっても重要なのがわかります!

 

手首が弱いとボールの力に負けたり、力を上手くコントロール出来ないです。

スポーツでパフォーマンスを上げるのに必ず必要になってくる訳ですね!

 

自分のスポーツに合わせた筋力UPは勿論!

サブとして使われえる筋肉や体幹など、陰の立役者である筋肉を鍛える事で、今よりワンランク上のパフォーマンスを目指しましょう!

 

スポンサーリンク

 

ダンベルを知ろう!

 

 

今回のメニューである「ダンベルリストカール」は自宅でも簡単に行えるトレーニングです!

自宅にダンベルがあれば、全身を鍛える筋トレメニューが行え、ジムに行かなくても肉体改造が出来る優れモノ!

本気で筋トレすのであれば、自宅に1つはダンベルが欲しいですね。

 

「でもダンベルって色々あり過ぎて…」

 

そうなんです…。

ダンベルの種類って結構あって、しかもどれがいいのか意味不明(笑)

実際に自分で使ってみないと、何が良いかなんてわかりませんよね?

ですが、購入前に何も知らなからといって、適当に購入しては勿体ない!!

という事でざっくりではありますが、いくつかダンベルを紹介したいと思います!

 

「TIZ STYLE 固定式ダンベル」

 

まずはジムなどでよく見るダンベル。

これは重さの変更が出来ないダンベルで、固定式ダンベルと呼ばれる物です。

価格が安く、取り扱いやすいのがメリットです!

今回のダンベルリストカールなどは、比較的軽いダンベルで行うので、固定式でもいいかもしれませんね!

 

 

「TIZ STYLE 可変式ダンベル」

 

次のダンベルもよく見かける物だと思います。

めっちゃムキムキな人が持っているダンベル(笑)

こちらはプレートの付け替えが可能で、自分の好きな重さに変更が出来るダンベル。

このような重さの変更が出来るダンベルを可変式ダンベルと呼んでいます。

 

価格は固定式に比べ高いですが、1つあれば長く付き合えるのでコスパはいいです!

他の部位にも応用が可能で、1つあれば部位に合わせ重さを変更し、全身鍛える事が出来るんです!

私も自宅には可変式を持っています。

固定式だと重さ別に用意しなくちゃいけないので…。

家の中がダンベルまみれになります(笑)

 

 

こちらも可変式ダンベルなのですが、少し変わった「Motions式ダンベル」です。

先程のダンベルはプレートを付け替えて重さを変更するのですが、こちらのダンベルはダイヤルを回すだけで重さが変わります。

重りのプレートも専用のトレイに収まるので、置き場も省スペースで済みます。

プレートが増えてくると置き場に困るので、省スペースで済むのは本当に助かります。

詳しくはこちら➜【Motionsダンベルが安全でおすすめな理由!】

 

他にもまだまだ私の知らないダンベルが存在します。

自分のライフスタイルに合ったダンベルを購入しましょう!

 

最後に

 

これで腕相撲大会優勝間違いなしです(笑)

それに露出する機会が多い前腕。

その前腕が鍛えられてるのは、マッチョ好きな女性からしたらたまらないそうです(笑)

運動不足解消、パフォーマンスの向上、更に女性にモテる(本当に?笑)といった特典付き!

これを逃すのは勿体ない!

あなたも今日から自分の出来る事を始めてみませんか?

動けば何かが変わってきますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す