【上腕三頭筋へ物凄い負荷を与えるテイトプレス!ダンベルを使った腕の筋トレ】

Pocket
LINEで送る

「腕が中々太くならない」、「最近腕がたるんできた」

こんな悩みを持った方は世の中に沢山います。

私もその中の1人でした(笑)

腕の筋肉=上腕二頭筋(力こぶ)という認識から、そこしか筋トレしてなかったんですよね…。

ですがある時、友人からこう言われました。

 

「上腕三頭筋鍛えてる?」

 

なにそれ?美味いの?

どこぞの筋肉かも分からなかった…(笑)

聞くと、上腕二頭筋の裏側にある筋肉の事でした!

押す時に力が入る部位ですね。

ここは腕の中でも2/3の筋肉を占めているので、筋トレして腕を太くするなら上腕三頭筋の方がいいじゃん!って結末に(笑)

そんな上腕三頭筋を鍛えるメニューの中でも、今回は少し珍しいモノを紹介します。

 

それがこちら「テイトプレス」という種目です!

知ってますか?

私は全く知りませんでしたし、周りやっている人を見た事がないです。

空中で腕立てをやるような感じです。分かり辛いって?

動画見たら納得できると思います(笑)

他にもダンベルを使って腕を鍛えるメニューはこちら

【腕の筋肉を鍛えるダンベルメニュー10選】

 

鍛えられる部位
・上腕三頭筋(腕)

 

テイトプレスは他の筋肉の関与が少ないので、上腕三頭筋に「ガツンッ!!」と高負荷が掛かります。

ベンチプレスとはまた少し違った動きになるので、刺激のされ方が違うから筋肉痛間違いなし!

ダンベルを横になれるベンチがあれば自宅でも簡単に出来るので、取り組みやすいメニューですね。

知られてない割には効果がデカいので、この機会に覚えておいて損はないでしょう!

他にもダンベルを使ったメニューは多く存在します!

【ダンベルメニュー一覧】

では早速、やり方を見ていきましょう!

 

やり方

 

 

珍しい筋トレなのでしっかりとフォームの確認をしておきましょう。

なんとなくのフォームで行うと、効果が無かったり、怪我をする恐れがあります。

まずはやり方を覚え、フォームチェックをしておきましょう。

馴れてくれば、比較的簡単なメニューなのでウェイトを上げて行ってもOKですよ!

 

テイトプレス

1.ダンベルを両手に持ち、ベンチに仰向けになる

2.ダンベルを縦に持ち、胸の前で合わせる

(手の平は下半身の方へ向ける)

3.出来るだけダンベルを中央に寄せたまま、肘を伸ばしていく

(最後は開いてもOK!)

4.同じ軌道でスタートポジションへ戻る

(2に戻り、繰り返し)

 

動画でもしっかりと動作確認を行いましょう!

早く行うのではなく、ゆっくりと鍛えたい所を意識するだけでも効果は全然違います!

 

【テイトプレス】

 

 

スポンサーリンク

 

ポイント

 

 

筋トレメニューにはそれぞれポイントが存在します。

テイトプレスのポイントは「肘」です。

肘を固定しておかないと、負荷があちこちに逃げてしまい効果的に鍛える事が出来ません。

自分の胸の前で可動させるので、フォームチェックは簡単に出来ると思います。

常に「肘」の固定に気を遣いながら、トレーニングしましょう!

トレーニングを行う際は、準備体操をしてからにしましょう。

 

ポイント

・肘を固定し、前腕部(肘から手に掛けて)のみ可動させる

・ダンベルを持つ腕は両肩よも広くする

・反動を付けずに行う

・ダンベルを上げた時に休憩しない

・常に上腕三頭筋へ負荷を掛け続ける

・呼吸を意識して行う

 

上記のポイントを押さえながら、8~12回×3セット出来る重量を選択しましょう。

8~12回の筋トレが一番筋肉が付きやすいと言われています。

何度も言いますが、「肘は固定」して行いましょう。

せっかくの高負荷を逃がしてしまっては、勿体ないですからね。

また、ダンベルを持ち上げた時についつい休憩してしまう事があります。

私もします(笑)

ですが、トレーニング中はなるべく負荷を掛け続けてあげましょう。

自分の限界を常に出し切る事で、筋肉はより成長しますからね!

 

呼吸を意識してみよう!

 

 

「筋トレに呼吸って関係ないじゃん!」

 

私はずっとそう思ってました。

ですが意外に関係あったみたいです(笑)

昔はただ闇雲に力一杯入れてやってたんですよね…。

私達の体って「酸素」が無くては生きていけませんよね?

常識的に呼吸出来なきゃ死んじゃいますからね(笑)

 

体の機能は酸素が無いと上手く働いてくれないんです。

それに力を入れる時に息を吐く事でパフォーマンスの向上に繋がります。

ハンマー投げなど、瞬間的に100%の力を出す時大声を出すのは理に適ってるという事ですね。

鬼ごっこの時に鬼から逃げる時は「うぉぉぉぉぉぉ!!」と大声で逃げましょう(笑)

 

まぁ、呼吸とか難しく言ってますが吸って吐くを意識すればOKです!

力を入れる時は「吐く」

力を抜く時は「吸う」

今回のテイトプレスでいえば、ダンベルを持ち上げえる時は「息を吐き」ダンベルを戻す時に「息を吸う」といった感じです。

呼吸はその筋トレにもいえるので、是非知識として覚えておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ダンベルは固定式?可変式?

 

 

ダンベルって種類が多いと思いません?

初めて購入する時なんて、何を買ったらいいのか全く分かりません。

まずダンベルは「固定式」「可変式」という風に分かれます。

違いは重さの変更が出来るか、出来ないか。

でも実際に使ってみないとどちらが良いか判断できないのが現状…。

これは私の体験談を元にした個人的な意見ですが、少しでも参考になればと思います。

 

私が筋トレ初心者期に購入したのは「固定式」でした。

なんで「固定式」にしたかって?

 

「安いからです!!」

 

決め手は完全に価格!

物の良し悪しよりも、今使えたらいいと思ってました!

 

「TIZ STYLE 固定式ダンベル」

 

こちらがよく見かける「固定式」のダンベルですね。

低コストで済むので、誰でも購入し易いのですが…

 

「重さ変えれないから他の筋トレ出来ねー」

 

となった訳です(笑)

固定式は安いけど、重さの変更が出来ないのが最大のネックです。

いちいち重さ別にダンベル買ってたら、ダンベルショップになっちゃいます(笑)

そこで次に購入したのは「可変式」のダンベルです。

 

 

「TIZ STYLE 可変式ダンベル」

重りを変更できるので、色んな部位の筋トレにも使えます!

自宅に1つあれば長く付き合えるダンベルですね。

重さも変更出来て便利なのですが、意外に場所を取って邪魔になる事が増えてきて…。

でもなんだかんだ1番愛用期間は長かったんですけどね!

 

という訳で、最後に紹介するのは私が今使っている「Motions式ダンベル」

 

 

重さの変更がわずか「2秒」で変えれ、置き場を省スペースにしたダンベルです。

重りの変更はダイヤルを回すだけで済むので、いちいちプレートを付け替える手間が省けます。

重りの変更が面倒くさい。置き場に困ってる。

こんな人はモーションズのダンベルが使いやすく便利ですね!

詳しくはこちら【Motionsダンベルが安全でおすすめな理由!】

 

自宅での筋トレをメインと考えている方は「可変式」が絶対的に便利です!

自分の成長に合わせて重さを変える事が出来るので、購入してしまえば長く使えますからね。

「固定式」はダイエットやエクササイズを目的としている人には良いと思います。

低コストで済みますし、持ち運びも簡単ですからね!

自分のライフスタイルに合ったダンベルを選びましょう!

 

最後に

 

テイトプレスの刺激はいかがでしょうか?

最初はかなりキツく感じたと思います。

ですが、男性ならたくましい腕で女性にモテモテ!!

女性ならスリムな腕に男性を魅了出来ると思いますよ!

筋トレする理由はそれだけで十分じゃないですか?(笑)

筋トレの理由は人それぞれですが、頑張れる理由を持っておくと継続的に続ける事が出来るので、何か目標を立てた方がいいです!

私の場合は「モテモテになる」です!

目標達成出来なかったら一生辞めれない奴です(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す