【ダンベルVシットアップでバキバキの腹筋を手に入れる!腹筋を割るダンベル筋トレ!】

Pocket
LINEで送る

今回は「ダンベルVシットアップ」を紹介したいと思います。

6つに割れた綺麗な腹筋を手に入れる為に、腹筋強化+脂肪燃焼を心掛けていきましょう!

ダンベルVシットアップは腹直筋により高負荷を与えるトレーニング種目です。

 

上体を起こす事から腹直筋は勿論、足を上げる動作もあるので腸腰筋も鍛えられると言われています。

腹筋上部から腹筋下部まで全体を行うので、負荷の掛かり方が桁違いです(笑)

最初から10回出来たら、自分に拍手を送ってあげて下さい!

それぐらいヤバいやつです…

 

言い換えれば、これが出来れば腹筋を割るのも容易いかもしれませんね!

私は最初は全く出来ませんでしたから(笑)

その他にもダンベルで鍛えれるメニューは沢山ありますよ!

【ダンベルメニュー一覧】

 

鍛えられる部位

・腹直筋(腹)

・腸腰筋(腰)

 

体を「V」の字にするので腹筋全体に高負荷が掛かり、一気に腹筋を強化出来ます!

【ダンベルトゥタッチクランチ】同様に、腹筋への負荷を高めたいのなら是非取り入れたいメニューです。

通常のクランチやレッグレイズで満足出来なくなったら、1度やってみて下さい!

筋肉痛は間違いなしですが、その分効果もデカいですからね!

 

「早く腹筋割ってモテたいぜー!!」

 

って気持ちが先行して、私はバカみたいにやってました(笑)

その他にもダンベルを使った腹筋メニューがありますので、合わせて腹筋を鍛えまくりましょう!

 

では、早速やり方を見ていきましょう!

 

やり方

 

 

床に寝転がり、バンザーイと仰向けの状態から、上半身、下半身を一緒に持ち上げ「V」を作ります。

動画とかでは簡単そうに見えますが、これが結構キツイです。

つま先をタッチ出来る方は、つま先を目掛けて上体を起こしましょう!

 

ダンベルVシットアップ

1.床に寝転がり、バンザイと仰向けになる

2.ダンベルを両手で持ち、スタートポジションを取る

3.両手、両足を伸ばしたまま上体を「V」にする

4.ダンベルを持っている手でつま先をタッチ

5.ゆっくりと両手、両足を下げスタートポジションを取る

(2に戻り繰り返す)

 

動画でもしっかりと動作確認を行いましょう!

早く行うのではなく、ゆっくりと鍛えたい所を意識するだけでも効果は全然違います!

 

【ダンベルVシットアップ】

 

 

スポンサーリンク

 

ポイント

 

 

筋トレメニューにはそれぞれポイントが存在します。

Vシットアップは体が固いと、つい反動で上がってしまいます。

前屈などの柔軟を行い、しっかりと体を伸ばして行う方がいいと思います。

トレーニングを行う際は、準備体操をしてからにしましょう。

 

ポイント

・反動を使わず、腹筋で持ち上げる

・ダンベルが邪魔な時は足の外へ逃がす

・下げた足は床に着けずに浮かせておく

・しっかりと足を寄せる

・呼吸を意識して行う

 

上記のポイントを押さえながら、8~12回×3セット出来る重量を選択しましょう。

8~12回の筋トレが一番筋肉が付きやすいと言われています。

負荷がキツイ時はダンベル無しから始めてもOKですよ!

とにかく「反動」を使わずにという所を気を付けておきましょう!

どうしても手の反動、足の反動で起き上がろうとしてしまうので…

キツくなると余計に反動に頼ってしまいがち…

(はい。私がそうです笑)

 

ダンベルを逃がす

 

 

ダンベルを持って行うと、つま先までタッチするのが厳しい時もあります。

かといって上げきれずにいれば、スネにダンベルが当たりそう…。

そんな時は左右の足の外側へとダンベルを逃がしてあげましょう。

動画の人もそうですが、ダンベルを自分の足の外側へと逃がしているのが分かりますよね。

無理につま先にタッチしなくても、十分に効果が得られます。

得られ過ぎてキツイです(笑)

初心者の方で最初から10回連続で出来たら本当に凄いと思います。

私は最初5、6回しか上げきらず、後は得意の反動に任せて何か無茶苦茶やってました(笑)

自分への挑戦だと思い、挑んでみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

下ろす時はゆっくりと

 

 

体を「V」にした後、スタートポジションに戻る時はゆっくりと戻りましょう。

せっかく腹筋に刺激を与えているのに、戻る時に力を抜いてしまうと刺激が弱まります。

戻る時は筋繊維を引きちぎるようにして、ぶっちぎりましょう!(笑)

足を下ろした時、床に着けなければ常に腹筋下部には力が入っていると思います。

上半身も同様に常に腹筋に力を掛け、ゆっくりと下がって行きましょう!

 

「負荷を逃がさない!」これが大切ですね。

 

とことん痛めつけ、筋肉を刺激してあげましょう。

 

更に更に負荷を掛け続けたいって方は「加圧Tシャツ」を着てトレーニングすると効果的です!

 

「VIDAN THE BEAST」加圧Tシャツは姿勢の改善、維持や筋トレ効果UPなど筋トレのお役立ちアイテムです。

その売れ行きは凄いみたいで、最近ではトレーニングウェアとして着用する人が増加しているみたいですね。

 

 

ですがこれを聞いてどう思いましたか?

 

「うさんくせー」

 

こう思ったのではないでしょうか?

そうなんです(笑)

私も最初はそう思いました。

こういった類の物はずっと敬遠してきたのですが、友人と割り勘して購入してみました。

早速1日着用した結果…。

 

「苦しい…」

 

って感じになってました(笑)

私には合わないのか、1日着るのは少々きつかったですね。

だから私はトレーニングの時かスポーツをする時だけ着用してます。

着る機会を限定すれば苦しさはなく、むしろ加圧Tシャツの効果を感じれます。

個人的には1日中着ていると「息苦しい」ってのが正直な感想です…。

 

「俺はやってやるぜ!」

 

って方は1日着ていてもいいと思いますよ(笑)

でも寝る時は脱いだ方がいいかもです…。

まだまだ知りたいって方はこちら➔【加圧Tシャツのビダンザビーストは本当に楽して腹筋が割れるのか?】

 

呼吸は止めない

 

 

息はしていると思うんですが、筋トレ中って意外と無酸素運動になってませんか?

「別に関係ないじゃん」って思われるかもしれませんが、実は結構関係あったりするんですね。これが(笑)

私達って「酸素」が無いと生きていけませんよね?

体も同じで酸素が無い状態では体の機能が上手く働いてくれません…。

 

難しい話はおいといて、呼吸を止めず吸って吐くを意識すればOKです!

力を入れる時は息を「吐く」

力を抜く時は息を「吸う」

ダンベルVシットアップの場合、息を吐きながら「V」を作り、息を吸いながらバンザイへと戻っていきます。

呼吸はその筋トレにもいえるので、是非知識として覚えておきましょう!

 

最後に

 

Vシットアップは「クランチ」「レッグレイズ」を融合させたようなメニューです。

効果もデカいし、腹筋強化には欠かせないですね。

その分キツさもデカくなってますが…(笑)

特に道具を使用する事も無いので、自宅でも行えます。

正直ジムでやるとちょっと恥ずかしいです(笑)

「うわ~何かやってるよ」という目線が一気に集まります。

一人だと孤独なので、ジムでやる時は友人などと一緒にいた方がいいですよ!(笑)

 

スポンサーリンク

コメントを残す